NFT購入ガイド

ご利用になるためには、MetaMaskのインストールが必須です。

NFTを売買する

  • お持ちのクレジットカードを使用して、日本円でNFTを直接購入することができます。

    ウォレット(メタマスク推奨)を開設

    ポリゴンネットワークへ接続

    メール認証の完了

◆ NFT購入の準備

  • メタマスクの導入

    『PC版ご利用ガイド』 『スマホ版ご利用ガイド』 を参考に、メタマスクを導入します。

  • メタマスクでPolygonネットワークを扱えるように準備する

    暗号資産はネットワーク上に存在し、ネットワークが違うと暗号資産を確認することができません。まずMATICが存在するPolygonネットワークに接続します。

    <PCブラウザ版>

    メタマスク上部の「イーサリアム メインネット」をクリックします。

    「ネットワークの追加」をクリックします。

    <スマホ版>

    メタマスクの左上の「Ξ」をクリックします。

    「設定」をクリックします。

    「ネットワーク」をクリックします。

    「ネットワークの追加」をクリックします。

    <共通>

    各入力フォームに下記の通り記入します。

    ネットワーク名 Polygon
    新規RPC URL / RPC URL https://polygon-rpc.com/
    チェーンID 137
    通貨記号 / シンボル MATIC
    ブロックエクスプローラーのURL https://polygonscan.com/

    以下の通り、Polygon関連の表記が追加されていれば設定完了になります。

  • メール認証を済ませる

    『Polygonネットワーク』の設定後、『マイページ』の『ユーザー情報を変更する』ボタンから進み
    メールアドレス情報を入力してメール認証を済ませます。

◆ NFTを購入する

  • NFTを購入する前に、メタマスクの初期セットアップを済ませておきます。

    『商品一覧』をクリックして、商品一覧から購入したいNFTをクリックします。

    NFTの詳細が表示されます。詳細を確認して「購入する」をクリックします。

    メタマスクで署名の要求が表示されます。「署名」をクリックします。

    NFTと購入手数料が上乗せされた額が表示されます。問題なければ「購入する」をクリックします。

    メタマスク上で、決済の確認が表示されます。先ほどの画面に、さらに手数料(ガス代)が加わります。問題なければ「確認」をクリックします。

    『決済完了』の画面が表示されると購入が完了しています。

◆ 購入したNFTを確認

  • NFTの購入が完了したら、マイページより確認することができます。

    site_nameのページから、「マイページ」をクリックします。

    購入したNFTが「所有しているNFT」のページに表示されます。購入したNFTをクリックします。

    NFTの詳細が表示されます。

◆ NFTを出品する

  • 出品する

    自分が所有しているNFTを出品することができます。

    マイページの「所有しているNFT」から、出品するNFTの詳細を開きます。その後「出品する」をクリックします。

    「出品する価格」に値を入れ、「出品する」をクリックします。

    確認画面が表示されます。問題なければ「出品する」をクリックします。

    メタマスク上で、決済の確認が表示されます。「確認」をクリックして手数料(ガス代)を支払い、出品を確定します。

    ※手数料(ガス代)は各アカウントの初回出品時のみ発生します。

    メタマスク上で、署名の要求が表示されます。「署名」をクリックします。

    出品されると、ボタンの表示が変化します。

  • 出品後に出品価格を変更する

    NFTを出品後に、出品価格を変更することができます。

    マイページの「出品中のNFT」から、価格を変更したいNFTをクリックします。

    「価格を変更する」をクリックします。

  • 出品をキャンセルする

    NFTを出品後に、出品をキャンセルすることができます。

    マイページの「出品中のNFT」から、出品をキャンセルしたいNFTをクリックします。

    「出品をキャンセルする」をクリックします。

    メタマスク上で、署名の要求が表示されます。「署名」をクリックします。

    ボタンが「出品する」になっていれば、出品のキャンセルは完了になります。

暗号資産のMATICを手に入れる

site_nameでは二次流通を行うにはMATICが必要です。
MATICを入手する方法として、以下の2パターンを紹介します。

  • パターン1:簡易的にウォレットを開設して入手する

    今回は簡易的な手法で済ませるために、「ウォレット」だけを開設して入手する方法です。

    ウォレット(メタマスク推奨)を開設

    銀行振り込みでJPYCをJPYC社から購入する

    メタマスク上でJPYCとMATICを交換

  • パターン2:暗号資産取引所からETHを送金して入手する

    今後他にも暗号資産をやってみたいので、せっかくなのでこの機に「口座」も「ウォレット」も開設して入手する方法です。

    口座(ビットバンクを推奨)を開設

    口座上でETHを購入する

    ウォレット(メタマスク推奨)を開設

    口座からウォレットにETHを移す

    ETHをポリゴンネットワークに移動

    メタマスク上でETHとMATICをスワップ

  • お持ちのクレジットカードを使用して、日本円でNFTを直接購入することができます。

    ウォレット(メタマスク推奨)を開設

    ポリゴンネットワークへ接続

    メール認証の完了

◆ パターン1:簡易的にウォレットを開設して入手する

  • メタマスクの導入

    『PC版ご利用ガイド』 『スマホ版ご利用ガイド』 を参考に、メタマスクを導入します。

  • メタマスクでPolygonネットワークを扱えるように準備する

    暗号資産はネットワーク上に存在し、ネットワークが違うと暗号資産を確認することができません。まず、MATICが存在するPolygonネットワークに接続します。

  • <PCブラウザ版>

    メタマスク上部の「イーサリアム メインネット」をクリックします。

    「ネットワークの追加」をクリックします。

    <スマホ版>

    メタマスクの左上の「Ξ」をクリックします。

    「設定」をクリックします。

    「ネットワーク」をクリックします。

    「ネットワークの追加」をクリックします。

    <共通>

    各入力フォームに下記の通り記入します。

    ネットワーク名 Polygon
    新規RPC URL / RPC URL https://polygon-rpc.com/
    チェーンID 137
    通貨記号 / シンボル MATIC
    ブロックエクスプローラーのURL https://polygonscan.com/

    以下の通り、Polygon関連の表記が追加されていれば設定完了になります。

  • メタマスクでJPYCを扱えるように準備する

    メタマスクの初期状態では、JPYCが表示されない状態になっています。以降の手順に従い、メタマスクでJPYCを表示できるようにします。

    メタマスクを開いて「トークンの追加」を選択します。

  • <PCブラウザ版>

    <スマホ版>

    カスタムトークンのアドレスを記入し、トークンを追加します。

    以下のJPYCのコントラクトアドレスをコピーして貼りつけ

    0x6ae7dfc73e0dde2aa99ac063dcf7e8a63265108c

    下の空白2つには、トークンアドレスを入力すると自動的に
     トークンシンボルに「JPYC」
     トークンの10進数(桁数)に「18」
    と入ります。

    トップ画面にJPYCが追加されていれば設定完了です。

  • JPYCを購入する

  • JPYCのサイトにアクセスし、「JPYCを購入する」をクリックします。注意書きがあるのでよく読み、理解した上で手順を踏んでいきます。

    「銀行振込で購入」を選択します。

    フォームに従って入力を進めます。

    1.利用規約を確認

    2.名前を入力

    3.購入額を入力(最低購入金額は1万円からになります。)

    4.メールアドレスを入力(メールアドレスに振込金額や送金完了の連絡が来ます)

    5.(重要!)送金先ネットワークを「Polygon(Matic)メインネット」にする

    6.(重要!)メタマスク上でウォレットのアドレス(0xから始まる文字列)をコピーしてフォームに貼りつける
    PCブラウザ版ウォレットアドレスのコピーのしかた

    スマホ版ウォレットアドレスのコピーのしかた

    フォームへの貼り付け

    7.最後に入力内容を確認して「送信」で完了

    その後、入力情報と振込先が入力したメールアドレスに届くので、指定された金額を振り込みます。振込手数料はお客様負担となります。

    その後、JPYC社からJPYC送金のメールが送られてきたら、メタマスクを起動してJPYCの着金を確認します。また、手数料のMATICも着金します。

  • JPYCをMATICにメタマスク上で交換(スワップ)する

    購入したJPYCと手数料用のMATICが入っていることを確認し、「スワップ」をクリックします。

  • <PCブラウザ版>

    <スマホ版>

    「トークンの選択」で上段を「JPYC」、下段を「MATIC」にします。

    まず上段のスワップ(交換)元を「JPYC」にします。選択肢に「JPYC」がなかった場合は「トークンの検索」にJPYCと打ち込むことで出現します。

    <PCブラウザ版>

    <スマホ版>

    次に下段のスワップ(交換)先を「MATIC」にします。選択肢に「MATIC」がなかった場合は「トークンの検索」にMATICと打ち込むことで出現します。

    <PCブラウザ版>

    <スマホ版>

    スワップするJPYCの金額を入力し、「スワップの確認」/「見積もりの取得」をクリックします。

    <PCブラウザ版>

    <スマホ版>

    手数料(「ガス代」と呼ばれます)を確認します。

    手数料(ガス代)はその時のネットワークの込み具合や、送信する情報量などよって価格が変動します。Polygon上の手数料はMATICで支払わなければならなく、必要量のMATICを所有していない場合、スワップを行うことはできません。

    <PCブラウザ版>

    <スマホ版>

    見積もりに問題が無かった場合、スワップ(交換)を実行します。

    ネットワークの込み具合によっては、時間がかかったり、スワップ処理が失敗したりすることがあります。処理が失敗した場合は、再度スワップ(交換)を実行します。

    <PCブラウザ版>

    <スマホ版>

    スワップ処理の完了後、メタマスクのトップ画面でJPYCがMATICに変換されていることを確認します。

◆ パターン2:暗号資産取引所からETHを送金して入手する