NFTとは

◆ NFTとは?

NFTは、権利情報を紐付けたデジタルデータです。NFTの正式名称は、ノン・ファンジブル・トークン(Non-Fungible Token)です。

デジタルデータはとても便利なものです。無限にコピーできるし、誰かが作ったデータを自由に使うことができます。しかし、コピーしたデータには権利情報が紐付かないので、唯一性が保証されず「それが自分のものである」ということを証明することはできませんでした。

そこでNFTの出番です。デジタルデータをNFT化することにより「あの人が作った絵だ」「かつてあの人が所有していた作品だ」といった感じに、デジタルデータなのに権利を明確にすることができます。仮に、無断コピーされてもそれがすぐにばれるようになります!

例えば、アーティストのデジタル作品をNFT化すると、ファンにとっては良いことがたくさんあります。ファンは、自分が好きなアーティストの、希少で本物のデジタル作品を所有することができるようになります。そして、本物を持つ人だけの特典も得られるかもしれません。さらに、デジタル作品がいらなくなったとしても、それをマーケットプレイスで売ることができます!このようなことは、今までのような単なるデジタルデータであれば実現できなかったことです。

このように、デジタルデータに権利情報を紐付けてNFT化することにより、新たな付加価値を生むことができるようになります。

◆ NFTのメリット

NFTは「ブロックチェーン」と呼ばれる技術を使って実現します。NFTがブロックチェーンを使うことによって、ユーザーには様々なメリットがあります。

  • メリット1:自分が持っていることが保証される

    ブロックチェーン技術により「唯一無二の」デジタルデータを「あなたが所有している」と証明することができます。

  • メリット2:売買することができる

    購入したNFTは、現実にあるものと同様にあなたの所有物なので、大事に保管することも、自由にマーケットプレイスで売ることもできます。

  • メリット3:特典が得られる

    自分が持っていることが保証されるからこそ、所有者に対して特典を付けることが可能です。

  • メリット4:移動が簡単にできる

    デジタルデータであるがゆえに現実のものとは異なり簡単に移動させることができます。例えば、NFTを誰かにプレゼントすることもできます。

◆ NFTを扱うために必要なもの

NFTを扱うために必要なものは、大きく2つだけです。


1. ウォレット

2. NFTの売買や発行に利用するための暗号資産


  • ウォレット

    NFTを扱うためには、NFTに対応したウォレットが必要になります。ウォレットは、パソコンやスマートフォンなどのアプリケーションになり、暗号資産の残高やNFTを管理し、それらを自由に送受信することができます。

    NFTを扱っている人たちの間で、最も人気があるのがメタマスク(MetaMask)と呼ばれるウォレットです。メタマスクは、ウェブブラウザと連動し、簡単なクリック操作でNFTの売買などを行うことができます。

  • NFTの売買や発行に利用するための暗号資産

    NFTを発行したり売買したりするためには、暗号資産が必要になります。当サービスでは、ポリゴン(Polygon)ブロックチェーンを利用しており、すべての決済にはMATICと呼ばれる暗号資産が必要になります。

    MATICは、JPYCを購入してMATICに交換して入手することができる他、ETHをポリゴンに移動(ブリッジ)して、さらに交換サービスを使ってMATICを入手する方法があります。前者のほうがより簡単な方法になります。

    ここまで読んでみてもっと詳しく知りたい方や、実際にNFTの売買をやってみたい方に向け、弊社では様々なユーザーガイドを用意しています。ガイドを参考に、NFTの売買にチャレンジしてみましょう!